ブログ

サイト管理人のブログです。



ブログ一覧

樹脂底オーバーフロー水槽と濾過槽の製作

市販品利用のオーバーフロー加工水槽大小2個と、1つの濾過槽の構成で作成しました。

水槽は加工が楽ちんな樹脂底品を使用します。

濾過槽は、本体の上にウールBOXを載せるウェット方式です。


オーバーフロー加工を施した水槽2個を1つの排水管にて、濾過槽に水を落下させます。
濾過槽には濾材(ろ過バクテリアの家)が入れてあり、その中を水が循環します。
ろ過されたきれいな水をポンプにて水槽に戻します。
ごみ除去用のウールBOXは食品用のタッパーを使用。
●クーラーBOX用の配管も装備してます。

40x25x28 GEXのプラ底水槽。

穴を2個開けます。プラ底なんで超かんたん❢

給水管 TS13ソケットとバルブにて挟みこみます。
排水管 TS25ソケットとバルブにて挟みこみます。
接着剤にて固定してから、シリコン剤でシールします。


アクリル板3mmにて、コーナーBOX方式にします。
掃除が楽なように、スリット板は分離方式にしました。

②45x45x36 たまたまみつけ購入したエンビ底(特注品かな?)水槽もう売ってないみたいです。

3重管用台座(かなり前に購入した物)用の穴は、木工用のホールソーで開けします。
これもまた楽ちん❢


排水管の先にオーバーフロー用エルボピストルを取付ます。


スライド丸のこ盤で、外管の上下にスリット加工します。
排水管と給水管を取付ます。
部材は、すべてホームセンターで入手できる塩ビパイプ(安い)を使用します。透明パイプは高くて使えないです❢

③今回ホームセンターで購入した安価な60cmガラス水槽をオーバーフロー用濾過槽に改造しました。

矢印水の流れる方向です。

仕切りに使用する塩ビ坂とスノコ用メッシュ板はネット購入しました。
店名 はざいや
いろんな素材を希望の大きさでカット販売してくれます。



ポンプはレイシー 小型マグネットポンプRMD
ガラスに穴を開けなくてもL型の塩ビパイプの工夫で自給タンク無しで水をくみ上げて
くれます。うまく上がらないときは、黒色のポンプ部に呼び水を入れてやればOKです。

樹脂底の水槽は加工がとにかく楽です。
ガラス底の水槽をオーバーフローにするには、たいへんですから。

今回も、塩対策の必要ない淡水用です。

 

2019年5月2日 | カテゴリー : 工作 | 投稿者 : 管理人

廃材でリードベンダー10mmの作成

リードベンダーとは、抵抗ダイオードなどのアキシャル部品のリード線を折り曲げる物です。

代表的な商品に、サンハヤトの(RB-5)があります。

数本ならこれで十分ですが、数千本単位での折り曲げには1本づつでは、大変非効率!!

そこで、手持ちの廃材利用して、10mmピッチ用を作成したいと思います。

ガラスエポキシt=1.6を使用します。


外側 60x60 2枚
内側 40x60 4枚 (mm)
厚さ 約9.2mmぐらいになるように調整します。

ピッチが揃うように深さ1mmのミゾをほります。
卓上フライス盤とエンドミル使用します。
●3mm間隔で5個


作業が楽になるので、平バイスに固定します。


抵抗をミゾにはめます。4本が一番いい感じで加工できます。


リード線を折り曲げます。
直角に曲がったら完成です、こんな感じ。

◎慣れている熟練者なら、ミゾにはめなくてもOKです。

以上です。

製作費 0円

アルミの削り出しで作成すればもっといい物できますが、昔のような出番が少ない部品に

予算をかけられないですから。

 

2019年3月22日 | カテゴリー : 工作 | 投稿者 : 管理人

定電圧or定電流が選択できるLEDバーライトの作成2

専用LEDバーライト基板の実装してみました。

LEDバーライトのメイン回路図です。LED2以降は同じ回路になります。

基板は連結方式ですので、6個単位で限界まで、増やせます。

基板のジャンパー設定により、2パターンの点灯駆動が選べます。

1)定電圧タイプ 電流制限用に抵抗(Ω)を使用

・メリット
構造が簡単なので、故障が少ない。

・デメリット
電源が変化すると明るさも変わってしまう。
抵抗で発熱させる為、効率が悪い。


電源12Vで作成


R1 チップ抵抗 3216サイズ 300Ω/0.25W

LED 5050チップ部品 LED3個入ってます。

DB1 ダイオードブリッジ

2)定電流タイプ LED専用Driverを使用

・メリット
電源が変動しても明るさが安定している。
スイッチングによる定電流駆動で効率が良い。
発熱部がすくないので、POWER LEDに使用できる。

・デメリット
回路が複雑で故障の可能性が上がる。
LEDが壊れると他の正常なLEDに余分な電流が流れる。


電源は10V~24Vまで使用可能です。


U1 LED Driver PT4115 CL6808 どちらも流通品 約35V1.2A


L1 コイル 68uH


D1 ショットキーバリアダイオード 1Aクラス


C1 電解コンデンサ

R7:R8 電流制限抵抗
シャント抵抗(1%)を使用します。

U1 LED Driver IC 電流計算 (調光機能は使用しない)

5050LED12個点灯させます。(約8mA/1個)

I= 0.1 ÷ R7 (R8は調整用)

I= 0.1A R7=1Ω にします。

便利で安価なICです、製造国はもちろん中国 残念ながらこれが現実......

大昔この手の専用ICは、JAPAN製だったような気がするのは、自分だけかな?

チップ部品の実装にはこれを使っています。

構造はいたってシンプルなので、社内調達品で作成しました。

部品をアームで挟んで半固定させ、位置調整してから、半田付けします。

アームは塩ビ(透明)で圧力調整付です。
2018年12月9日 | カテゴリー : 工作 | 投稿者 : 管理人

ユニクラフト製プリント基板でLEDバーライトの作成1

株式会社ユニクラフトさんの紹介キャンペーン(無料)にて作成していただいたプリント基板で、MAX36個のLEDバーライトを作成します。

基板仕様
・サイズ:96x82 mm ガラスエポキシ
・層数:2面
・t:1.6
・レジスト:緑 両面
・シルク:白 部品面
・枚数:1枚


●酸化防止用の真空パック状態で送られてきます。


●部品面 6面付け

キャンペーンではVカットはできませんので、ハンドカッターにて切断します。


●半田面


●レジスト:にじみズレありません。シルク:文字欠けありません。
品質は国内製造品と遜色ないとおもいます。。


●以前注文した基板の半田ディップ 半田がきれいに流れています。半田レベラ〇
昔半田レベラの処理が不適切で、全面しわしわになってしまったことがありました。

納期は月曜日朝に注文すれば、だいたい金曜日には入手できるようです。

海外メーカーでは、日本語が通用しないことと、カードでしか決済ができないので、会社では注文しにくいです。

ユニクラフトさんならやり取りが日本語だし、代金引き換えがつかえます。(値段も〇)


●カッターで6分割して角型アルミフレームに並べます。

注)無料キャンペーンは1回限りです。

ガーバーデータ RS-274Xのみです。(昔のPCBCADじゃ無理!)

株式会社ユニクラフト https://unicraft-jp.com/

 

 

 

2018年9月20日 | カテゴリー : 工作 | 投稿者 : 管理人

コールマンクールスパイダーグリルスタンド仕様で鉄板焼き

とにかく頑丈な、コールマンクールスパイダーグリルスタンド改造仕様に、極厚鉄板を載せてみました。

グリル4
●以前改造記事を紹介したグリルスタンドです。

ew10
●採用したのはこれ!! 鉄板広場(楽天)にて入手しました。

BBQ0111
●極厚鉄板用熱源 鋳物2重コンロ:熱量:6.92kw LPガス消費量:0.47kg/h
Φ325mm これ以上大きいと入りません。

BBQ02
●スパイダーグリルスタンドに鉄板をのっけます。
さすが専用品、ぴったり収まります。

しかし、ノーマルのクールスパイダーに11kgは重いだろうな~

★あたりまえですがさすが強化仕様、重量物をのせても全然ぐらつかないのでとっても安心です。

GAS2K
●こちらも依然紹介したガスタンク カセットガス8本で2kg/hの実力があります。

BBQ0311

●単純計算で約4時間調理可能ですが、ガス消費量が多いと気化熱によりカセットボンベの
温度が下がって火力がしょぼくなり、結果鉄板が冷めてしまいます。

そんな時は、お湯(熱湯じゃないよ)を入れて火力を復活させるのですが、お湯がカセットボンベと
ガスアダプター 接続部に、かからないようにそそがないといけないので、結構面倒でした。

追加改造で、お湯が飛び散らないよう漏斗(きのこみたいな物)を付けて塩ビ管から供給できる
ようにしてみました。(あふれる前に前穴から水をにがします)

ガスだから準備と後始末は本当にらくです。自宅だけじゃなく炭を使用しないので、キャンプ場でも環境に優しいかな?

このパワーなら、夜店市で焼きそばの販売できそうです!!

 

2018年8月28日 | カテゴリー : 工作 | 投稿者 : 管理人